中古マンションを売却しました

中古マンションを売却しました

中古マンションを売却しました

中古マンションを売却したのは、離婚が理由でした。住宅ローンを払えないわけではなかったので、そのままローンの返済を続けるという選択肢もありました。どちらにするかは査定を受けてから決めればよいと思います。私はまずは中古マンションを査定してくれる会社を探そうとインターネットを調べました。一括査定というサイトがあることを知ったので、そこでまとめて査定をしてもらいました。

 

すると、予想よりも高い価格で売れそうなので、依頼をすることにしました。一番安心ができたポイントは、中古マンションを売却したお金でローンを完済できそうだということでした。ローンを完済できなかったらやっかいな問題となっていたかもしれません。不動産会社選びでは、一番高い価格をつけてくれた会社を最後には選びました。

 

しかし、担当者としっかり話をして、信頼できる人であることも確認をしておきました。基本的にはお金を重視してよいですが、怪しい会社には依頼をしてはいけません。仲介手数料は半分は先に支払うので、手元にお金は用意しておくべきです。税金のことなど相談をしたいこともたくさんありましたが、不動産会社の担当者が親切に教えてくれたので助かりました。

中古マンションを売却して母の新生活を応援

両親の内、父は5年前に他界し、母がマンション暮らしをしていましたが年老いてきたため本人の希望もあり特別養護老人ホームに入る事になりました。今まで住んでいたのは約20年前に購入した中古マンションで当初は不動産投資用に購入したものでしたが、一時期借り手が不在の時期があり、もともと花火が見えたり桜が近くで咲いているなど立地を気に入っていた事もあって住むようになっていました。

 

しかし住人がいなくなるという事でその中古マンションをどうしようか母は悩んでいて一度不動産屋さんに相談してみる事にしました。私達が相談したのが家から最寄り駅のすぐ側にあった住友不動産販売で話を聞いていると同じような理由で家を手放す人が最近は特に多いとの事でした。売却方法は2つ示されて、いろいろな不動産屋に売却の依頼を出す方法と当社専属でお願いしますという方法でした。

 

前者が一般的ではありますが、お急ぎであるならば当社の顧客にプッシュしますし、売却査定も勉強させて頂きますという事で後者でお願いする事にしましたが、当初おっしゃる通り思ったよりも時間をかけずに買い手を見つけてくれる事ができました。もちろん立地が良かったという点もあります。

 

金額は築30年以上経過している事もあり、想定以上の金額はつきませんでしたが、それでも売却がスムーズにいった事で満足のできる取引でした。

ホーム サイトマップ